小顔に見せる洋服って?

小顔に見せるために、首周りのデザインに注意して洋服をセレクトして。それだけで印象はびっくりするほど変わります。

まずセレクトしやすいのは大きな襟の洋服。襟との対比効果で顔を小さく見せることが出来ます。襟を立たせるとよりシャープな印象になるのでお勧め。

襟のない洋服の場合は、胸元が大きめに開いたデザインの洋服がお勧め。それもあまりぴったりし過ぎない方がいいようです。さらにはUネックよりVネックが◎。スッキリした印象になります。

黒い洋服は体を細く見せることができることから、好んで着る人も多いかもしれませんが、しかし肩幅は狭いのに顔は大きいという人はちょっと注意が必要です。細く見せた体にデカイ顔というコントラストでは、より顔の大きさが強調されてしまうことも。

全身黒でまとめず、インナーだけに黒を使って他は別カラーにするのがいいでしょう。黒以外にもネイビーブルーなど、引き締まった印象に見えるカラーもあります。あなただけの引き締めカラーを見つけることが大切です。

アクセサリーを使って小顔に見せる!

ネックレスなどのアクセサリーを付けると、視線が顔ではなくアクセサリーに向けられやすくなり、顔の大きさが目立たなくなるという視覚効果が。お勧めはシンプルなデザインの小粒ペンダントではなく、少々デコラティブでしっかりとしたインパクトがあるデザイン(イメージで恐縮ですが、イタリア映画に出てくる女優さんがつけているような、大振りアクセサリーなど)がお勧めです。

短すぎるネックレスや首と平行に巻くチョーカーは顔そのものへの視線を集め、また少しでも食い込むと息苦しい印象になるので逆効果。ゆったりしたデザインのアクセサリーをセレクトしましょう。

黒のインナーにペールホワイトの襟付きジャケット(襟を立てて着用すべし!)、黒のパンツスタイルにアクセサリーはおおぶりの石(ターコイズブルーなど)のネックレス、耳元には同色のおおぶりピアス、なんていかがでしょう?オシャレも楽しみながら小顔作りにチャレンジしてくださいね。