小顔に見せるメイク術

なぜ大顔に見えるのかという要因の1つに「顔が平面的である」ことが挙げられると思います(「小顔のための生活習慣」参照)。つまり、立体的であれば実際の大きさ(面積)に関わらず小顔印象になれるのです。顔を立体的に見せるための技の集合体がメイク。

是非一度、「メイクで小顔になれる!」ということを実感してみてください!小顔メイクなしには外出できなくなりますよ。

ファンデーション

色を白く見せたいという意識から、明るめカラーのファンデーションをセレクトしがちな私たち。でもこれは横に広がった平面的な印象になり、小顔ということを考えるとNGです。小顔印象に見せるメイクのために、ファンデーションは2カラー用意しましょう。

まず1つは明るめカラー、もう1つはワントーン暗くしたダークカラー。自分の顔を観察して、顔の出っ張っている場所には明るいカラーを(おでこ、鼻筋、頬骨の高い位置 など)、へっこんでいる場所にはダークカラーを(頬骨の下、目頭、顔の輪郭線 など)のばします。実はこれだけで結構な小顔効果があります。

アイカラーなどのポイントメイク

顔の面積に比べて目や鼻、口などのパーツが大きい印象を作り出せれば、小顔印象は強まるもの。

目のきわにはダークカラーのアイラインを引き、アイシャドーはグレーやダークブラウンなどを乗せアイラインを補強します。

アイシャドーの色は目の色に合わせるといいでしょう。瞳が黒い人はグレーを、茶色っぽい人はダークブラウンがお勧めです。

最後にマスカラをつけたら目力アップ、間違いなし。唇もいつもより少々大きめにラインを引いてみて。いつもより小顔な印象になっていると思います。

小顔に見える髪型は?

小顔効果のあるヘアスタイル作りの基本は、顔の周りをすっきりさせることと、トップに近い所にアクセントを置くこと。

丸顔の場合、ロングヘアよりもショートカットがお勧めです。顎ぐらいまでの長さであれば、全体的にスッキリした印象になります。卵型の顔の場合は逆に髪にボリューム感を持たせることで小顔印象になります。エラが張っているタイプ(角型)の場合は、頬の部分に髪の毛を下ろすヘアスタイルだと顔がシャープに見えようになります。

前髪も重要ポイントです。が、顔型や印象、パーツ配置などが個人ごとに違いますから「コレが絶対!」というものが存在しないというのが真実です。

多くの美容師さんがお勧めしているのは、前髪にある程度のボリュームを持たせつつ、額が見えるように調整し(縦長ラインを強調します)、トップに近いところに目立つ髪飾りをつけるというヘアスタイル。視線が髪飾りに向き、小顔の印象に映るとか。髪型を大きく変えるのは怖い人もちょっと試してみる価値がありそうです。