美容整形って?

そもそも「美容整形」って、何なのでしょうか。実は「美容整形」を行う「美容整形外科」は呼称で、正しくは「美容外科」。人体の機能上の欠損や変形の矯正ではなく、当人の美意識に基づいて人体の見た目の改善を目指す臨床医学の1つのこと(これを行うための手術は「美容外科手術」となる)です。

大学病院や総合病院において美容外科がある場合には、形成外科内に併設されているケースがほとんど。歴史的には大学病院などで取り扱われるようになったのは最近で、それまでは個人開業医によって技術向上が図られてきた経緯があります。

ちなみに同分野の施術は、人体の機能上の欠損や変形の矯正、すなわち病気の治療ではないため、健康保険は適用されず、全額個人負担の自由診察(保険外診療)となります(わきが症、先天性の母斑や血管腫などは施術方法によっては保険適用が認められる疾患)。

大切な体はただ1つ

今では市民権を得ている「美容整形」という言葉は、呼称だったという話ですが、このページのキモは実はそれではありません。

美容という言葉、つまり「美のために」という名目に見過ごされてしまいそうですが、究極的には「美しくなるかはわからない、なぜならその顔でやってみたことはないから」ということ。そして「やったあとに元に戻すということは不可能である」ということを忘れないでほしいのです。

確かに手術によって小顔になることはできます(顔の脂肪吸引、あごのエラ取り手術など)。でも、体はただ1つしかなく、ゲームのようにリスタート、もう一度やりなおし、ということができないということを忘れないでください。

個人的な努力としても、他のプロの手によっても、できることが何もないという場合にのみ、安心できる医師のもと、しっかりとしたカウンセリングを受けた上で行うべきです。

小顔づくりに向けては美容整形より先にチャレンジしてみるべきことがあることを、思い出してくださいね。

私がコンプレックスを解消したサロンを紹介しています